CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< iPhone!! | main | 先行バーゲンお買い物第二弾 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | pookmark |
高慢と偏見(プライドと偏見)

3月にWOWOWで録画したのを、いい加減みないと!と思って先週の金曜日に見た「プライドと偏見」

私の大好きな昔のイギリスの田園風景を背景にした中流家庭の家族が中心となった恋愛映画。
キーラ・ナイトレイの美しさもさながら、舞台となる田園地方、お屋敷や庭がとても美しい。

素直になれない主人公リジーとダーシー。
似た者同士の二人を阻むプライドと偏見が、様々な事件と偶然で素敵な結末にと結びつくLOVEロマンスでした。
母の好きそうな話だなぁ、と思ったら、どうやらハーレクインロマンスでも発売されてたみたいなので、知ってるかも。

一時の別離から偶然にダーシーの屋敷で再会するシーンは胸がきゅーんとしました。

最後はビバ玉の輿!なんだけど、イギリスの昔のしきたりって色々あって面白かったです。

・社交界には姉がいた場合、その姉が結婚するまで出られない。
・家の財産は男でないと相続できない。女子であった場合は近親の男性が相続。
・当時の女性の条件は通り一遍の花嫁修業(ダンス、絵画や刺繍、ピアノや歌など)を積んだ上、しごく控えめなのが好まれる。自己主張等はもってのほか。

とにかく主人公のお母さんが娘を売り込むサマがおかしくて!
あの母でまともな女の子が二人もいてお父さんはほっとした事だろう・笑。


この映画を勧めてくれた友達が確かBBCでコリンファース主演でやってた、って言ってたので、聞いてみたらdvd持ってたんで借りました!
友達はこのBBCの方が好きって言ってたけど、なるほど、こちらの方が長編なだけに、映画ではしょられていた部分がちゃんと描かれてる。
衣装や屋敷の設定も、こっちの方が忠実な気がします。
映画の方は、お屋敷とかが博物館みたいだった!
まぁ映画というメディア的に派手に演出しないといけないのは仕方ないんでしょうけれど。
原作を読もうかと思ってたけれど、これ見たのでもう十分みたいです。
まあ機会があれば買ってみようかな。

で、私的にはコリンファースも素敵だったんですが、映画のマシュー・マクファディンが素敵すぎて・・
あの高慢さはコリンファースの方が良かったとは思うんですが、最初にマシューの切ない表情にやられてしまったので。
映画のキャストでBBCの脚本でやってほしかったかな。
BBCの方のエンディングロールで見つけのだけど、ピングリーをやっていたのは、ヘレナ・ボナム・カーターの兄?弟?あんな名字滅多に無いよね?

さっきサイト検索してたら、映画のロケ情報が載っていました!
ああイギリス行きたイーーー!





JUGEMテーマ:映画
 
| レビューってみました! | 00:41 | comments(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:41 | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cerezopink.jugem.jp/trackback/59
トラックバック